リアルのことやらネトゲのことやら
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年06月14日 (日) | Edit |
新作MMO最近いろいろでてるみたいですね

もう大体MMOには目新しい要素がない中でどうなるか気になるなー




ちょっと古い話をすると自分が一番始めに触ったネトゲはエターナルカオスだったような

かなり長文になりまする

そもそものきっかけが小さかったときにネットを触ってるとUltima Onlineというゲームの記事を見つけて、パソコンでゲームといえばソリティア、ピンボール、マインスイーパーだった自分にはものすごく興味津々に

しかもゲーム内でアイテムをリアルマネーでトレードでき、ものによったら何万円というものもあって、売って儲けようと思い立つ自分!

いつの時代もきっかけはお金!money!

動機が不純とかいわない!

このときはネットはほんと無法地帯でRMTも何も規制されてなかったのよね

THE FREEDAM 自由!


今考えるとすごい時代だった…

いろいろ調べてるうちに月額課金ということが発覚

今でこそ洋ゲー以外ではアイテム課金月額無料がほとんどだけど昔のネトゲは月額課金だったんだよね

だがしかし、そのころの自分にはそのお金がなかったのだ…






結局UOはできずじまいのまま時が経って、あるときエターナルカオスという月額無料のゲームを見つけて、UOの恨みを晴らすべく早速始める

今のクリゲーとなんら変わらない3Dシステムだったけど、その当時はネトゲ自体が目新しいものだったからすごい楽しめた

ほんとクリゲーのシステムはこの当時から変わってない気がするなー

妖精キャラがリングから虫飛ばして攻撃する姿はそれはそれはとてもかわいらしゅうございました。まる。






とやっぱりクリゲーには向かない自分にはそこそこはまってすぐにめいぽというゲームを見つける

べたべたな2Dのアクションゲーでしたね

めいぽ…今でこそメジャーになったけど、あの当時は楽しかった…

Oβから始めて、2次転職のこないままそのレベルを通過してもう倒す敵がいなくなってやめたんだっかな…

1日がんばって数%あがってやったーいうてたけど、今考えるとすごいマゾゲーだなぁ

もう一日中ガーゴイルに手裏剣投げる作業は飽きたお(´;ω;`)

ちなみにこのころの♂装備がきもかったので♀キャラを作りはじめる

全キャラ♀になりはじめたのもこのころ






めいぽに飽きた自分は巨商伝というゲームを見つける

正直過疎ゲーだったけど、システムは面白かった

戦闘はモンスターに触れると別マップで戦う方式で、自分の下部を12人まで連れて戦うちょっと変わったシステム

お金稼ぎも交易というシステムでまったく戦闘しなくともお金が手に入るシステムもあったなー

今振り返るとゲームのシステム自体はものすごくいいと思う

移動は2Dのクリゲーだけど、戦闘とかほかのシステムがかなり楽しめた

グラフィックがあれだったので、はやらないとは思うけど…

自分はここで、ネカマをはじめる

正確にはめいぽから、自分のことを「私」と呼んだだけで、性別もいってなかったけど、いつの間にか知らないうちにものをくれたのでもらえるものはもらっておこうとそのまま私継続

巨商伝では本格的にネカマをはじめる

多少ぶりっこになる

お金くれる、課金アイテムくれる、ねだったらなんでもくれる

うひょおおおお

あ、すいません



もし、ゲーム内で好きになったらちゃんとマイクなり声で確かめましょう、頑なに拒んでいるとネカマの可能性が高いです

まぁjkとか家でしゃべれない☆ミとかもあるので、そこらへんは自分の眼力を信じましょう

今はいろんな方法で確かめられるとおもうので、前までに比べるとネカマ率は下がってるとおもう

それでも信じた結果高飛びされたら、周りの人に乙といってもらいましょう



でも当時はそうしてるのも楽しかったし、物貰いとか関係なくわいわいしてるのも楽しかったのは事実

だがそうこうしてる間にある人に本気で言い寄られる

写メまで見せられてどうしようもなくなった結果連絡手段をすべて断ち切って終了

その○○というキャラの設定、情報は永久凍結

お亡くなりです

チーン






ネカマはいろいろ口調いじらないといけないし、なんせいい子でいなきゃいけなかったのに多少めんどくささを感じて♀キャラでも普通に「俺」キャラになったのもこの頃

次に手出したのはTactical commanderというゲーム

これはもうだいぶ前にゲーム終了しちゃって残念

でも未だに今までやったゲームの中でこれを超えるゲームはない

このゲームのシステムはとても口で説明できるほど簡単ではないので、よかったら調べてみてください

今は外国でShatterated Galaxyだったかな?というゲームで似たようなシステムがあるので、それのwikiを見てもらえるとちょっとはわかるかもしれません

ただ日本版のほうがスピード感があって、バランスがかなりよかったなー

復活しないかなー

自分は赤でしたけど、紫とかいろいろ知り合いできて楽しかったなぁ

最近らいつべでも知り合いの人が配信してたけど、すぐにやめちゃってどうしたんだろう






そう、それでサービスが終了しちゃってちょこちょこOβのゲームをやっては飽きやっては飽きでFEZをOβから始めて落ち着いたって感じです

書いた順番はもしかしたら間違ってるかもしれないけど、今まで自分がはまった!といえるゲームはこれくらいだと思います

惜しいゲームもあったし、ちょこちょこ手だしてくそげー!って投げたゲームもあります

こうやってみてみると根っからのゲーマーやね…

これで腕が成長しないから逆にすごい

くれぐれもはまりすぎにはご注意を


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。